Facebook

SNSで共有

〈在日バスケ協会のページ〉名古屋が悲願のアベック優勝/東京で関東選手権(上)、初級部決勝詳報

関東地方学生バスケットボール選手権大会が1月7、8日、東京の体育館で行われた。

20回目となった初級部大会は東京中高体育館で、37回目となった中級部大会は東京スポーツ文化館でそれぞれ開催された。

今年度最後の学生大会では、選手たちによる好ゲームが繰り広げられ、初級部大会では名古屋初級が悲願の男女アベック優勝。

中級部大会の男子部門では神奈川、女子部門では東京第1が、昨年9月の在日朝鮮学生中央体育大会に続き連覇した。

初、中級部大会での決勝戦の詳報を上下にわたって紹介する。

男女アベック優勝を果たした名古屋の選手たち

男女アベック優勝を果たした名古屋の選手たち

夏のリベンジ果たす/男子

初級部大会決勝戦では、男女ともに昨年8月に行われた在日朝鮮初級学校学生中央バスケットボール大会「ヘバラギカップ」と同じ学校が顔を合わせた。男子は予選から苦しい戦いを勝ち抜いた西東京第2、夏のリベンジを果たすべく練習を重ねてきた名古屋が対戦。

前半は、西東京第2のパスワークがうまく決まり点差を広げた。とくに第1クォーターでは、西東京第2の4番選手が切れのあるドライブで躍動感あふれる活躍を見せ、会場にワンサイドゲームの予感を漂わせた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)