【投稿】私たちの代に民族教育つぶさせない


大阪補助金裁判「不当判決」を受けて

歴史的な1日になるであろうと、誰もが疑わなかった1月26日。

大阪地方裁判所202号大法廷において、確信は疑念に変わりました。

前に座っているのは、血の通っていない行政の操り人形。彼は淡々と主文を読み上げていました。

不当判決が下されたことが理解できるまで数分間かかりました。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ