Facebook

SNSで共有

〈そこが知りたいQ&A〉2017年新年の辞の内容は?

「より大きな勝利を」/5カ年戦略の遂行に総力

金正恩委員長は2017年を迎えて1日、新年の辞を述べた。金正恩委員長が肉声で新年の辞を発表するのは2013年以来、5度目。今年の新年の辞の所要時間は27分ほどで、字数にすると朝鮮語で約1万字。大まかな構成を見ると、▼昨年の総括▼経済、文化、政治・軍事分野における課題▼統一問題▼対外政策に分けられている。その内容と特徴をQ&Aでまとめた。

Q. 昨年の総括は。

金正恩委員長は、「2016年はわが党と祖国の歴史に特筆すべき革命的慶事の年、偉大な転換の年であった」と総括した。

世界の注目が集まる中、36年ぶりとなる朝鮮労働党大会が開催された2016年。金正恩委員長は党大会を通して、「朝鮮革命の万代の礎が確固と築かれた」と評価した。

昨年、敵対勢力による核戦争の脅威に対する自衛的措置として実施した、水爆実験、核弾頭爆発実験などに言及し、「先端部力装備の開発が活性化し、大陸間弾道ロケット試験発射準備が最終段階に入った」と指摘。こうした国防分野における成果は、「朝鮮の戦略的地位を一段と高めた」と強調した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)