Facebook

SNSで共有

25周年迎えた「水曜集会」/性奴隷問題解決求め

被害者の銅像公開

集会では性奴隷被害者2人の銅像(中央)が公開された。右は少女像(連合ニュース)

集会では性奴隷被害者2人の銅像(中央)が公開された。右は少女像(連合ニュース)

日本軍性奴隷制被害者支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)がソウルの日本大使館前で4日、今年最初で通算1264回目となる「水曜集会」を開いた。

集会は性奴隷問題の解決を求めて1992年1月8日に初開催され、今年で25周年を迎えた。25年間、毎週水曜日の正午に行われた。

今回の集会では、性奴隷被害者の金福童ハルモニと吉元玉ハルモニの銅像が公開された。像は大使館前に設置されている性奴隷被害者を象徴する少女像を製作した彫刻家夫妻のキム・ソギョンさんとキム・ウンソンさんが手がけた。仕上げ作業を行った後、4~5月ごろに「戦争と女性の人権博物館」(ソウル市麻浦区)に設置する計画だ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)