Facebook

SNSで共有

金正恩委員長の新年の辞

1日発朝鮮中央通信によると、金正恩委員長が2017年を迎えて新年の辞を述べた。内容は次のとおり。

親愛なる同志のみなさん!

われわれは、チュチェの革命史にいまだかつてなかった偉大な繁栄の新しい歴史を創造し、一日一日を激動の闘争の日々として輝かせた2016年を送り、2017年を迎えた。

私は、偉大な人民がもたらした誇るべき奇跡の偉大な1年を誇り高く振り返る意義深いこの場を借りて、党と思想も志も意志もともにして喜びも苦痛も分かち合い、生死をともにし、歴史に類を見ない幾多の試練を笑顔で乗り越えてきたすべての朝鮮人民に最も厳かな心を込めて熱い挨拶を送るとともに、希望に満ちた新年の栄光と祝福を送る。

私はまた、南の同胞と海外同胞、そして自主と正義を志向する世界の進歩的人民と友人たちに温かい挨拶を送る。

2016年は、わが党と祖国の歴史に特筆すべき革命的慶事の年、偉大な転換の年であった。

昨年、すべての党員と人民軍将兵、人民の高い革命的熱意と世界の大きな関心の下に、朝鮮労働党第7回大会が大政治祝典として意義深く、盛大に行われた。

第7回党大会は、金日成同志と金正日同志の賢明な指導の下にチュチェの革命偉業を百戦百勝の道に前進させてきたわが党の栄えある闘争史を誇り高く総括し、金日成・金正日主義の旗印の下に社会主義偉業を完成するための雄大な青写真を示した。歴史的な第7回党大会を通じて、党に従って永遠にチュチェの道を進もうとするわが軍隊と人民の鋼鉄の意志が誇示され、朝鮮革命の万代の礎が確固と築かれた。朝鮮労働党第7回大会は、偉大な金日成・金正日主義党の不敗の威力を示威した勝利者の大会、チュチェの革命偉業遂行において新たな里程標を立てた栄光の大会として祖国の歴史に末長く輝くであろう。

昨年、チュチェ朝鮮の国防力を強化する上で画期的転換がもたらされ、わが祖国はいかなる強敵もあえて手出しをすることのできないアジアの核強国、軍事強国としてそびえ立った。

帝国主義者の日増しに悪らつになる核戦争の脅威に対処したわれわれの初の水爆実験とさまざまな攻撃手段の試験発射、核弾頭爆発実験が成功裏に行われ、先端武力装備の開発が活発化し、大陸間弾道ロケット試験発射準備が最終段階に入ったことをはじめ、国防力強化のための驚異的な出来事がさまざまなレベルで連続的に起きたことによって、祖国と民族の運命を守り、社会主義強国建設の偉業を勝利に向けて前進させていくことのできる強力な軍事的保証がもたらされた。勇敢な人民軍は、敵の無分別な侵略と戦争挑発策動を断固粉砕して祖国の安全と革命の獲得物を固守し、無敵強兵の政治的・思想的面貌と軍事技術的準備をより完璧に備えた。国防分野における輝かしい成果は、朝鮮人民に大きな民族的誇りと鼓舞的力を与え、帝国主義者と反動勢力を恥ずべき破滅の道に追い込み、共和国の戦略的地位を一段と高めた。

昨年われわれは、第7回党大会を輝かすための「70日戦闘」と「200日戦闘」で誇るべき勝利の砲声を高く響かせた。

「70日戦闘」と「200日戦闘」は、敵の悪らつな反共和国孤立・圧殺策動を徹底的に粉砕し、社会主義強国建設のすべての部門で画期的局面を切り開いた全民決戦、万里馬の新時代を誕生させた壮大な創造大戦であった。

金日成・金正日労働者階級と全人民の英雄的な闘争によって、党が打ち出した「70日戦闘」と「200日戦闘」の膨大な目標が立派に遂行され、国の経済発展において新たな突破口が開かれた。

英知に富み、才能豊かなわが国の科学者、技術者は、地球観測衛星「光明星―4」号を成功裏に打ち上げ、ついで新型の静止衛星運搬ロケット用大出力エンジンの地上噴出実験を成功させて、宇宙征服への道を大きく開いた。朝鮮式の無人化されたモデル生産システムを確立し、農業生産で凱歌を上げることのできる多収穫品種を育種したことをはじめ、国の経済発展と人民生活の向上において重要な意義を持つ誇るべき科学技術上の成果を次々と収めた。電力、石炭、金属、化学、建材工業と鉄道運輸をはじめ人民経済の重要部門で生産と輸送の戦闘目標を遂行して自立経済の潜在力を誇示し、社会主義経済強国の建設を力強く促進した。数多くの工場、企業所と協同農場が最高生産年度の水準を上回るという誇るべき成果を収め、人民軍が先頭に立って「黄金の海」の歴史を輝かせ、重要対象建設現場で神話的な建設速度が創造され、教育や保健医療、スポーツ部門でも立派な成果が収められた。思いがけない自然災害によって大きな被害を受けた咸鏡北道地区の被害復旧戦闘でも、党の呼びかけに応えて全国が立ち上がり、短期間に奇跡的勝利をもたらした。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)