Facebook

SNSで共有

〈八道江山・食の旅 1〉食文化通じた出合いに魅せられて/八田靖史

はじめに

初めて朝鮮半島に足を踏み入れたのは1997年。下関からフェリーに乗って釜山へ着いたのがすべての始まりだった。このとき食べた釜山の郷土料理テジクッパプ(豚スープごはん)は、濃厚ながらもくさみがなく、途中ニラのキムチとアミの塩辛を足すことでさらに味が引き締まった。朝鮮半島にはこんなにも美味しい料理があるのか、と驚いたが、それ以上に忘れがたいのが、その感動をソウルで語ったときの反応であった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)