Facebook

SNSで共有

〈勝訴に向かって/無償化・補助金裁判の今 4〉朝高生の学ぶ権利、教育上の観点なく

東京無償化裁判、文科省への証人尋問

東京無償化裁判第12回口頭弁論が12月13日、東京地裁で行われ、文部科学省職員への証人尋問が行われた。原告弁護団は、朝鮮高校を就学支援金の対象とするための根拠規定だった規定ハを削除した違法性について、問いただした。また、九州無償化裁判の第11回口頭弁論が8日、福岡地方裁判所小倉支部で行われ、90人を超える人たちが傍聴にかけつけた。(月刊「イオ」編集部)

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)