Facebook

SNSで共有

〈特集・ウリハッキョの今〉東大阪初級/インタビュー・鄭照子さん

動けなくなるまで学校のために

東大阪初級オモニ会12代目会長、女性同盟東大阪南支部副委員長などを務め、現在は女性同盟支部顧問の会「メファクラブ」(2009年2月発足)会長として、学校や同胞社会の発展のために取り組んでいる。

DSC_0167s_R4人の子どもを東大阪初級に送り、孫4人が同校を卒業。現在も4人の孫が通っている。「ウリハッキョに通っている孫をみて、子どもをウリハッキョに入れて良かったと改めて感じている」

東大阪初級の前身である「布施朝鮮初等学校」に通ったが、「学校閉鎖令」により近所の日本学校に通うことを強いられた。ウリマルは両親の会話を聞いて覚えたという。「子どもには必ずウリハッキョでウリマルを学んでほしかった。そして『自分が通った学校は朝鮮学校だ』と胸を張って、本名で堂々と名乗りながら日本社会で生きてほしい。自分たちの時代には言えなかったから」。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)