Facebook

SNSで共有

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 5〉ツキノワグマ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近年、日本各地でツキノワグマに襲われ怪我をしたという報道をよく耳にする。様々な要因でクマとヒトの境界が変化しているようだ。ウリナラには日本と同じくヒグマとツキノワグマの2種のクマが棲息する。ウリナラでは残念ながらクマ個体数が少なく狩猟が禁止されている。当博物館には成体と幼体の剥製標本が展示されている。

(李景洙・朝鮮大学校理工学部准教授)

「ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム」関連記事