Facebook

SNSで共有

医協西日本本部主催「ホスピス研究会」/27回目を迎える事業の柱

「認知症との付き合い方」

事業の柱である「ホスピス研究会」には多くの関心が注がれている

事業の柱である「ホスピス研究会」には多くの関心が注がれている

在日本朝鮮人医学協会西日本本部主催の「ホスピス研究会」が10月1日に大阪市内で行われた。医協西日本本部の会員や日本の介護関係者ら61人が参加した。

「ホスピス」とは終末期を迎えた人と家族に対して身体的、精神的ケアを在宅と入院の両方の場面で提供すること。本来は末期癌患者の緩和ケアを指すが、医療の発展、超高齢者社会においては認知症、ターミナルケア(末期癌や高齢者の看取り)の位置づけとなる。

医学協会は来年で40周年を迎える。その中で27回目を数える「ホスピス研究会」は医協西日本本部の事業の柱となっている。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)