Facebook

SNSで共有

〈特集・ウリハッキョの今〉西播初中/インタビュー・趙陽済さん

学校との関わり、常に持とう

7人兄弟の4番目で次男だった私は、小学校1年生の途中から兄が教員をしていた朝聯飾磨初等学院に編入、西播朝鮮中学校に進んだ。16、17歳だったころに兄が帰国。続いて両親、弟、二人の妹も帰国。いろいろな仕事に就き、相生出身の女性と結婚、姫路に住んでいた。家に姫路支部の活動家が時折訪ねてきた。総聯が同胞の権利を守るために尽力していることを知った。

趙陽済さん

趙陽済さん

引っ越した飾磨支部(現姫路西支部)の英賀西分会では誘われるまま分会委員に。同胞との語り合い、お酒の席が本当に楽しかった。支部同胞と祖国を訪問し家族と感動的な再会もできた。その後、飾磨西分会(当時の分会名称)に移り住み分会長に。分会活動に一生懸命取り組んでいると突如、西播初中教育会会長を任され、10年以上務めた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)