Facebook

SNSで共有

仲野誠先生を偲んで/朴一南

「学美」を愛し、励ました「仲間」

第43回学美出雲展懇親会。(前列左端が仲野先生、4人目が筆者)

第43回学美出雲展懇親会。(前列左端が仲野先生、4人目が筆者)

2016年10月8日午前1時11分、鳥取大学准教授・仲野誠先生が癌の闘病の末、永眠された。

享年51歳、余りにもお若く、余りにも突然の悲報に胸が張り裂ける思いだった。

仲野先生は誰よりも在日朝鮮学生美術展(学美)を愛し、そして社会学者として民族教育と在日コミュニティの大切さをご存知であった。

仲野先生と初めてお会いしたのは2008年3月、ウリハッキョ(朝鮮学校)がない鳥取で県内に住む日本人有志たちによって結成された学美鳥取展実行員会主催による「第37回在日朝鮮学生美術展鳥取展」である。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)