Facebook

SNSで共有

〈特集・ウリハッキョの今〉西東京第1初中/インタビュー・全京愛さん

揺るぎない「根っこ」を

初級部6年生時の卒業公演では、1世の同胞たちが異国の地で民族教育をスタートさせた過程を演劇で描いた。観覧者も出演者も思いがこみ上げ、涙を流さずにはいられなかったという。シナリオを担当したのは弱冠20歳の男性教員。「その先生の情熱的な姿勢に憧れて教員を目指すようになった」。

母校で過ごした教員生活は、民族教育に対する同胞たちの思いの強さを実感する日々だった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)