Facebook

SNSで共有

〈本の紹介〉ヘイトスピーチはどこまで規制できるか/LAZAK(在日コリアン弁護士協会)編 板垣竜太・木村草太 他著

思考停止の議論を穿つ

特定の人種・民族への差別を扇動するヘイトスピーチは「どこまで」規制できるのか。

ヘイトスピーチが社会問題化し数年、法規制についてされる議論のほとんどは「表現の自由」の壁の前で思考停止状態に陥っていた。

「ヘイトスピーチの標的は、日常的に虐げられている社会的弱者であるとの事実」を看過し続けるマジョリティ。法律の専門家であり、同時にヘイトスピーチ被害の当事者である在日コリアン弁護士協会(通称・LAZAK)はその状況を懸念し、遅々として進まぬ議論を前進させようとシンポジウム「ヘイトスピーチはどこまで規制できるか――人種差別撤廃のために」(2015年12月5日)を開催した。本書は同シンポのまとめを中心に編纂されている。

ヘイトスピーチはどこまで規制できるか_R

影書房 1700円+税 ☎03-6902-2645

憲法学者の木村草太さん、歴史学者の板垣竜太さんを迎えたシンポでは、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)