Facebook

SNSで共有

崔栄徳×SONGILオータムコンサート「Soli」/異なる伝統が織りなす、魅惑のサウンド

金剛山歌劇団チャンセナプ奏者・崔栄徳さんとヴァイオリニスト・SONGILさんによる「オータムコンサート『Soli』」が9月30日、よみうり大手町ホール(東京都千代田区)で行われた。同胞、日本市民ら440人が観覧した。

「해와 달―陰と陽」

「해와 달―陰と陽」

“勇気と力与える珠玉の演奏”

二つの異なる伝統が交差する――。金剛山歌劇団のチャンセナプ奏者・崔栄徳さんとバイオリニスト・SONGILさんによるオータムコンサ―ト「Soli」。

デュオ「キャラバン」の力強い演奏で幕をあけた第1部では、SONGILさんによるソロ「月下美人」「情熱の砂」や崔栄徳さんによるソロ「熱風」「思郷歌」などそれぞれの魅力あふれる演奏が披露された。一部のラストを飾ったのは「해와달―陰と陽―」。初公開となる同曲は二人の合作。今回のコンサートのテーマである異なる伝統文化の融合を、相反する太陽と月、陰と陽にみたて、互いを照らし合わせるような一つのハーモニーを作り出したいという思いを込めた。

崔栄徳さん

崔栄徳さん

デュオ「風笛」の演奏ではじまった第2部。崔栄徳さんと元金剛山歌劇団団員の安秀子さんによる夫婦デュオ「アガヤ」の情感たっぷりの演奏が、観客の感動を誘い、「情熱大陸」の演奏で会場は一気に熱気に包まれた。崔栄徳さんの十八番「リョンガンキナリ」がSONGILさんとのデュオバージョンで披露されると鳴りやまない歓声とアンコールが会場にこだました。

SONGILさん

SONGILさん

アンコールに応え、披露されたのは1部で披露された「해와달―陰と陽―」。ここでは、この日ともに舞台を作り上げた日本と在日のピアノ、ギター、パーカッションなどの奏者たちが紹介された。ラストに披露されたのは「リムジン河」。金剛山歌劇団の声楽家・李紗栄さんが出演し、ともに統一への思いを奏でた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)