Facebook

SNSで共有

金剛山歌劇団仙台公演/1,000余人でにぎわう

“伝統音楽の素晴らしさ感じる”

東日本大震災復興支援2016金剛山歌劇団仙台公演(主催=同実行委)が7日、仙台市・青葉区の東京エレクトロンホール宮城で行われた。

群舞「柳京の春」

群舞「柳京の春」

会場には、総聯宮城県本部の全道鉉委員長、総聯山形県本部金永三委員長、裵萬石宮城県商工会顧問、今公演で朝・日それぞれの実行委員長をつとめた、総聯宮城県本部の趙丁来副委員長、今泉英明宮城県日朝友好親善協会会長、震災により仮設住宅や借り上げ住宅で生活する震災被災者300人以上を含めた地域同胞、日本市民ら約1100人が観覧した。

震災後4回目となる今回の公演も、東日本大震災の復興支援と朝・日友好交流を大きな目標にかかげ準備が行われ、公演当日、観客たちは、「明日に向かって」をテーマに繰り広げられる歌や舞踊、器楽などのアンサンブル公演にあふれんばかりの拍手を送った。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)