Facebook

SNSで共有

〈リオ五輪〉女子卓球シングルスでキム・ソンイ選手が銅メダル獲得

新時代を切り開く、超攻撃型のカットマン

PYH2016080905680001300

女子卓球シングルスで銅メダルを獲得したキム・ソンイ選手(連合ニュース)

10日午後(現地時間、日本時間11日午前)に行われた、リオデジャネイロオリンピックの卓球女子シングルス初戦の3位決定戦で、朝鮮のキム・ソンイ選手(22、世界ランキング50位)が、日本の福原愛選手(27、世界ランキング8位)を4-1で下し、銅メダルを獲得した。五輪の卓球シングルスで朝鮮選手がメダルを獲得したのは、アテネ五輪でのキム・ヒャンミ選手以来、12年ぶりとなる。

圧巻だった。徹底的に守りながら相手のミスを誘発し隙あらば攻撃するという従来のカットマンとは違い、キム選手のカットマンスタイルは常に攻撃する姿勢を全面にだす、超攻撃的なところに特徴がある。攻撃へと転じるタイミングと速度、スマッシュの精度、キム・ソンイ選手の技術はカットマンスタイル以外でも、どれをとっても一級品だった。新スタイルともいえる超攻撃型カットマンが世界のトップレベルを次々倒す姿は、卓球界で囁かれていた「カットマンの限界」を見事に打ち破ったともいえる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)