Facebook

SNSで共有

〈リオ五輪〉卓球女子シングルス、キム・ソンイ選手が準々決勝進出

10日には22歳の誕生日

8日午後(現地時間、日本時間9日未明)に行われた、リオデジャネイロオリンピックの卓球女子シングルス初戦の4回戦で、快進撃を続ける朝鮮のキム・ソンイ選手(21、世界ランキング50位)が、中国・台北の陳思羽選手(23、世界ランキング41位)を4-2で下し、準々決勝に駒を進めた。

10日には22歳の誕生日を迎える朝鮮の若きカットマンは、序盤からペースを掴み1、2ゲームを連取。3、4ゲームを僅差で相手に奪われるも、再び落ち着きを取り戻したキム選手は5、6ゲームを連取し、セットカウント4-2で勝利。9日午後(現地時間、日本時間10日未明)に行われる準々決勝では、シンガポールのモンユー・ユー選手(26、世界ランキング13位)と試合を行う。

一方、同じく女子シングルス代表のリ・ミョンスン選手(24、世界ランキング37位)は8日午後(現地時間、日本時間9日午前)に行われた日本の福原愛選手(27、世界ランキング8位)との4回戦で0-4と敗れた。

(朝鮮新報)