Facebook

SNSで共有

〈特集・ウリハッキョの今〉朝鮮大学校/インタビュー・金光浩さん

人と人をつなげる役割

神戸朝高3年のころ、国語を教えてくれた担任の先生、サッカー部監督だった先生たちの影響で朝大への気持ちが強くなったのを覚えている。家は裕福ではなかったが、兄と姉が物心両面でサポートしてくれたことや奨学生制度のおかげで朝大文学部に進学することができた。

金光浩さん

金光浩さん

入学した1973年の夏、朝大生が初めて朝鮮を訪問し、サッカー部も網羅された。朝鮮の大学チームとの対戦では偶然にも全試合を「1-3」のスコアで負けたことや地方都市を巡ったこと、特に金日成主席と会見して主席のネーム入り時計をいただいたことが心に残っている。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)