Facebook

SNSで共有

朝鮮労働党第7回大会開催、祝賀ムードに包まれた平壌

“社会主義強国建設に向けて前へ”

【平壌発=金里映】36年ぶりに迎える朝鮮労働党大会が開催された平壌は、祝賀ムードに満ちていた。人々は歴史的な瞬間を迎えた高揚感に包まれながら、金正恩第1書記が示したビジョンに沿って、社会主義強国建設に向けて前へ進む決意を新たにしていた。

祝賀ムード一色の平壌市内のようす

祝賀ムード一色の平壌市内のようす

未来に対する確信

朝鮮労働党第7回大会が開幕した6日、平壌は前日から降り続く雨に見舞われていた。しかし同日午後には天候が回復し、翌日からは晴天に恵まれた。大会開催期間、市内中心部の沿道には朝鮮労働党旗と朝鮮和国旗、「朝鮮労働党第7回大会慶祝」などと書かれた看板やポスターが数多く掲示されていた。夜になると党マークなどを象った電飾看板がライトアップされて、平壌の夜景を彩った。

ライトアップされた平壌市内

ライトアップされた平壌市内

党大会に際して、各国から約120人の外国人記者が平壌を訪れた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)