Facebook

SNSで共有

〈特集・ウリハッキョの今〉京都初級/沿革

1945年

朝聯川端支部第5学院、太秦初等学院(夜間)、太秦第1初等学院、西院学院、堀川第3初等学院など28カ所で「国語講習所」が開設

1946年

4月21日 京都七条朝聯国民学院創立(学生数273人、教員数5人)

1947年

11月8日 京都七条朝聯国民学院から京都第1朝聯初等学校に改称

1949年

9月30日 京都市教育委員会と武装警官7人により朝鮮学校を強制閉鎖

10月4日 朝聯東和分会、3人の同胞宅で「分散授業」

11月16日 木造アパートを購入し校舎として利用。校名は京都第1朝鮮人小学校

1960年

1月15日 京都市南区上鳥羽勧進橋町に新校舎竣工。京都朝鮮第1初級学校に改称

1964年

6月14日 京都朝鮮第1初級学校の新校舎増築落成式(鉄筋3階、6教室)

12月30日 職員室、教育会室、研究室、校長室増築(鉄筋2階)

1967年

4月1日 京都朝鮮第3初級学校創立(児童数103人)

4月6日 京都朝鮮第1初級学校に幼稚班設置(園児数38人)

1968年

4月3日 京都朝鮮第3初級学校の新校舎竣工式

1997年

7月 京都朝鮮第3初級学校創立30周年記念行事

2009年

12月4日 京都朝鮮第1初級学校周辺で行われた「在特会」らによるヘイトスピーチ(1回目、約10人)

2010年

1月14日 京都朝鮮第1初級学校周辺で行われた「在特会」らによるヘイトスピーチ(2回目、約40人)

3月28日 京都朝鮮第1初級学校周辺で行われた「在特会」らによるヘイトスピーチ(3回目、数十人)

6月28日 京都朝鮮第1初級学校周辺で「在特会」襲撃事件の民事訴訟(該当行為差止、損害賠償請求)

2012年

4月 京都朝鮮第1初級学校が京都朝鮮第3初級学校に移転し、校名を京都朝鮮初級学校に改称

2013年

4月 醍醐に竣工した新校舎に京都朝鮮初級学校が移転

5月19日 新校舎竣工式

10月7日 京都地裁が民事裁判で有罪判決。人種差別撤廃条約に基づき民族差別と判断(罰金1226万円、学校周辺街頭宣伝禁止)

12月 「在特会」側が判決内容を不服とし大阪高裁に控訴

2014年

7月8日 大阪高裁が「在特会」側の控訴を棄却

12月9日 最高裁が「在特会」側の上告を退ける

関連記事