Facebook

SNSで共有

〈特集・ウリハッキョの今〉千葉初中/インタビュー・金和江さん

87歳、まだまだ現役

60歳になる息子が初級部1年生の時から55年間食堂に立ち続けてきた。「昔は朝昼晩の食事と寮で暮らす子どもたちの洗濯までやって、本当に大変だった」。当時、学校に隣接していた総聯職員および学生寮の光荘では、茂原、木更津、大多喜など遠方の子どもたちも生活していた。夫が教育会の会長を務めていた関係で仕事を手伝うことになり「他人の子を預かっているぶんちゃんとしてあげないと」との思いから、自分の子には寂しい思いをさせたと振り返る。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)