Facebook

SNSで共有

〈特集・ウリハッキョの今〉東京第5初中/インタビュー・白朱里さん

魅力あふれる場を守りたい

9年前に長男が編入生として入学したのが第5ハッキョとの出会い。夫が日本人なので、最初は迷いなく日本学校に入学させた。

白朱里さん(41、オモニ会会長)

白朱里さん(41、オモニ会会長)

けれど日が行くにつれ、学校に行くのを渋る子どもを前に、姉が以前教員をしていた第5に一度行ってみようかと訪ねることになった。連れて行った1時間後には、「オンマ、明日からここ来る~! 早く行きたい」と言うもんだから、1週間で全部手続きをしてすぐに入学を決めた。運動場で体つきのまったく違う初中生たちが交わって遊んだり、今では、見慣れた光景も当時長男を入学させた頃は、すごく微笑ましかった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)