【インタビュー】空野佳弘弁護士”外交を理由に人権は制約できない”/日本「独自制裁」の問題点


「オールジャパン」で朝鮮バッシング、「無償化」裁判への影響心配

日本政府が10日、「独自制裁」措置を発表したことに関連し、その問題点とそれを打破するための取り組みについて、人権問題に詳しい空野佳弘弁護士に話を聞いた。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ