Facebook

SNSで共有

実態踏まえた議論を

名前を失う喪失感とはどのようなものだろう。夫婦別姓を認めない民法の規定について、最高裁判所大法廷は合憲だと判断した。結婚後も旧姓を貫く知人の日本人女性は、「不自由な思いをしている人のために選択肢があるべきだ」と懸念する。女性裁判官は3人全員違憲と指摘した

▼民法の規定では「夫か妻の姓春夏秋冬」となっているが、男性側の姓を名乗る夫婦が9割を超える現状で、女性の自由意志が実現されているとは言えない。横並びではない上下の関係は主従関係を生む。明治時代の旧民法は、女性を「家」に縛り付け、日本の天皇制ファシズムの下支えとなってきた。百年過ぎてもその根本は変わらない。社会全般にべっとりと張り付く偏狭な性別規範、差別的構造という観点からとことん議論すべきだ

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)