Facebook

SNSで共有

「全国」大会に向け準備万端/東京朝高ラグビー部、同胞の支えと期待の中で

「バスッ」「バスッ」。夕刻の東京朝鮮中高級学校グラウンドに、強靭な肉体と肉体が激しくぶつかり合うタックルの音が鳴り響いている。東京朝高ラグビー部員らの表情はいつになく明るい。彼らはもうすぐ、同校史上初の「全国」大会に臨む。大会に向けて「チームは準備万端」だ。

朝鮮語でプレーする姿を

「全国」大会に向けて練習に熱がこもる

「全国」大会に向けて練習に熱がこもる

「都大会で優勝した後から技術はもちろん、雰囲気の向上に努めている」。練習後、文陽善主将(高3)はこう話した。

創部40周年。過去最大の部員数(73人)を主将として力強く率いている。都大会優勝の歓喜に浸りつつ、冷静に「全国」大会を見つめていると語る。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)