Facebook

SNSで共有

青年劇場創立50周年記念公演「骸骨の舞跳」

関東大震災の朝鮮人虐殺描く

92年前に起きた関東大震災時の朝鮮人虐殺を題材にした演劇「骸骨の舞跳」(秋田雨雀作)と、1904年の日露戦争前夜に庶民に降りかかった悲劇を描いた演劇「動員挿話」(岸田國士作)が、青年劇場創立50周年記念小劇場企画として上演された(7月10日~20日)。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)