Facebook

SNSで共有

【特集】解放から70年・私と8.15

1世たちは血と汗を流して祖国と教育の大切さ教えた

1947年、岡山朝聯学校での卒業式で(後列2段目左から3番目の少女が金さん)

1世たちは血と汗を流して祖国と教育の大切さ教えた8月15日、祖国解放70年を迎える。解放前、在日朝鮮人は国を奪われ、喪家の犬にも劣る無権利状態に置かれた。だからこそ、解放後、1世たちは血と汗を流しながら、民族教育の土台を築き、子どもたちに祖国の大切さと朝鮮語や民族の歴史、文化を教えたのだ。今回、老若男女8人に「私と8.15」のテーマで語っていただいた。(順不同)

特集記事一覧