Facebook

SNSで共有

〈特集・ウリハッキョの今〉東京第1初中/同胞のよりどころ、「チェーイル」の歴史は続く

同胞集住地域の荒川にある東京朝鮮第1初中級学校は、各地の初中級学校の中で児童・生徒数が一番多く、「チェーイル」(第1)の愛称で親しまれている。学区は東京・荒川、台東、文京、千代田、北、千葉・東葛地域と広いため、4台のスクールバスを運行して子どもたちの通学を支援している(対象は幼稚班から初級部3年まで)。学校のはじまりと変遷、現在にいたるまで、同校が歩んだ70年の歴史をふり返る。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)