Facebook

SNSで共有

〈取材ノート〉平和の発信地に飛翔

総聯鹿児島県本部の会館竣工式(5月17日、出水市)で、建設委員会の金明徳委員長(総聯本部副委員長)は同胞社会の活性化と朝・日親善の発展を誓った。参加者の3分の1を越える日本市民たちの姿は、総聯本部が同胞たちの諸権利を守るため、どれほど親善活動に尽力してきたかを物語っていた。取材ノート

92年から始まった朝・日合同朝鮮訪問は今秋で5回目を数える。今年は訪問団を50人規模で組織することを目指しているという。92年に朝鮮の自主的平和統一や朝・日国交正常化に寄与することを目的に発足した「出水市日朝友好協会」の理事会は月に1回、定期的に行われてきた。今後、理事会は新会館で行われる予定だ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)