朝鮮政府、挑発と主権侵害に関する立場を日本側に通知


「このような状態では対話も行えない」

朝鮮中央通信によると、朝鮮に対す政治的挑発と国家主権侵害行為が敢行されている状態では、朝·日政府間の対話を行うことができないという立場を朝鮮政府が日本側に通知した。通信は、次のように伝えた。

最近、わが共和国に対する日本の政治的挑発と国家主権侵害行為がエスカレートしているのと関連して2日、外交ルートを通じて日本側にわれわれの立場を明らかにする通知文を送った。

通知文で、われわれは朝·日ストックホルム合意を誠実に履行していることに言及し、日本が拉致問題を双方の間で解決するとして合意に反して国連人権委員会などで国際化し、中心問題としたことで、自ら不信を招いたと指摘した。

最近、日本の警察がわが共和国の最高人民会議の代議員である総聯の責任幹部たちの自宅を強制捜索する前代未聞の国家主権侵害行為を敢行したことに対して強く糾弾し、今回の事件を日本政府が徹底的に解明し、謝罪することを求めた。

このような状態では、朝·日政府間の対話も行えなくなっていることを明らかにした。

(朝鮮新報)