Facebook

SNSで共有

〈取材ノート〉受け継がれる母校愛

昨年4月、奈良朝鮮幼稚班が開園し、奈良県の民族教育が6年ぶりに再開した。2月22日、開園後初となる園児、児童、同胞たちによるチャリティーコンサートが同幼稚班で行われた。2部では、同胞音楽家たちによる歌、民族楽器、エレクトーンの演奏などが披露された。

舞台に上がった7人の同胞音楽家たちは現在、大阪府、三重県、京都府などで音楽活動を行っている。住む地域、活動場所が異なる7人は「民族教育のため」という共通の思いで歌い、奏でた。取材ノート

7人のうちの半数は奈良初中の卒業生だ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)