Facebook

SNSで共有

東日本大震災4周年宮城県同胞たちの集い/東北初中で

一日も早く安定した生活を

東日本大震災4周年に際した宮城県同胞たちの集いが11日、東北朝鮮初中級学校で行われた。総聯中央の朴久好副議長、総聯宮城県本部の全道鉉委員長をはじめとする活動家と同胞50余人が参加した。

集いで参加者らは、大震災で犠牲となった同胞らを追慕し、黙とうを捧げた。

東北初中で行われた宮城県同胞たちの集いで、黙とうを捧げる参加者ら

東北初中で行われた宮城県同胞たちの集いで、黙とうを捧げる参加者ら

朴久好副議長はあいさつで、4年前、金正日総書記から被災地の同胞らに送られてきた慰問電と慰問金を許宗萬議長が伝達したときの様子が今でも目に浮かぶと述べ、同胞たちが一日も早く安定した生活に戻るよう願っていた総書記の崇高な遺訓を貫徹しようと強調。総聯中央では総聯本部と力を合わせ、被災地の同胞が正常な生活に戻れるまでサポートしていくと表明した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)