Facebook

SNSで共有

〈特集・ウリハッキョの今〉四国初中/インタビュー・洪朝子さん

37年、子どもたちの親代わりに

四国初中の食堂で働くようになったのは37年ほど前。途中で何人かと一緒に働いていたこともあったが長続きせず、この間ほぼ一人で切り盛りしてきた。

29歳の頃、同い年の夫が突然他界。その時4人の子どもがいて、長男は初級部1年生、下の子はまだ8カ月だった。幼い子どもたちを抱えて途方に暮れていた私を心配した父の計らいで、ここで働くことになった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)