Facebook

SNSで共有

〈特集・ウリハッキョの今〉神戸初中/インタビュー・川端勝さん

教え子と重なる朝鮮学校の生徒

幼い頃から大阪の被差別部落で在日の方々と仲良く遊んで大きくなった。隣の家や小学校に在日の友だちがいた。中学、高校の頃、自分が部落出身だということに悩み、社会の矛盾を考えていく中で、通名で学校に通っていた友だちがどういう思いだったのかということを想像した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)