Facebook

SNSで共有

〈金剛山歌劇団創立40周年記念特別公演〉参加者の感想/清らかな情景が目に浮かんだ

公演を鑑賞した広島修道大学名誉教授の菱木一美さんは、統一をモチーフとした作品から、団員たちの民族に対する思いが音楽、舞踊を通じて感動的に伝わったと微笑んだ。特に、「金剛山のうた」の作品は、金剛山の清らかで伝説的な情景が目に浮かぶようだったという。「異国の地で40年間も歩んできた団員らに敬意を表したい。ヘイトスピーチや不当な差別など日本の中での『朝鮮』に対する風当たりが強いが、そうした風潮に抵抗し、これからも人々に勇気を与え、正しい心を植え続けていって欲しい」と話した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)