Facebook

SNSで共有

〈仁川アジア大会・空手〉在日同胞5選手が出場、女子個人型で4位

世界空手道連盟のアントニオ・エスピノス会長と写真に収まる同胞空手選手、監督

世界空手道連盟のアントニオ・エスピノス会長と写真に収まる同胞空手選手、監督

【仁川発=李永徳】10月2日から4日にかけて行なわれた空手には5人の在日同胞選手が出場した。

組み手では、男子55㎏以下級に宋尹学選手(朝大・外国語学部1年)、男子60㎏以下級に梁基哲選手(文学歴史学部3年)、男子67㎏以下級に康成志選手(会社員)、女子50キロ以下級に姜知衣選手(朝大職員)、女子55㎏以下級に金明花選手(神戸朝高教員)が出場。朝鮮代表としてのプライドを胸に気迫溢れる試合を展開したが、それぞれ初戦で敗戦を喫した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)