Facebook

SNSで共有

〈朝鮮紀行《食》 3〉豊富な醤油のサンプル

平壌基礎食品工場

朝鮮大学校短期学部の学生が祖国訪問中に訪れた

朝鮮大学校短期学部の学生が祖国訪問中に訪れた

平壌の船橋区域にある「平壌基礎食品工場」を訪ねた。そこはその名の通り、料理に必要な基礎的な食品、例えば味噌、醤油をはじめとする調味料、油等を加工生産する工場である。

工場内はすべてコンピュータで自動制御されており、生産工程や経営、衛生面も徹底的に管理されていた。

2012年から朝鮮は、社会主義強盛国家の建設はもちろん、自国の科学技術をもって軽工業、農業に力を入れ更なる経済発展へと突き進んでいる。まさにこの工場もそのうちの1つで、国内産の大豆を余すところなく加工し、生活になくてはならない調味料を質、量ともに解決しようと励んでいる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)