Facebook

SNSで共有

【特集】第36回在日朝鮮初級学校中央サッカー大会(コマチュック)

test-mono1200574_R

【コマチュック決勝戦・生中継中止のお知らせ】
8月9日に予定しておりました第36回コマチュック、本選・育成決勝戦の生中継ですが、台風の影響で、蹴球協会による大会3日目の進行中止の発表により、弊社電子版での試合生中継配信も中止いたします。生中継を楽しみにしていた閲覧者ヨロブンにご迷惑をおかけしましたことを、お詫びいたします。

朝鮮民主主義人民共和国創建66周年を記念して「第36回在日朝鮮初級学校中央サッカー大会」(コマチュック大会)が、8月7日から9日までの3日間大阪府の堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンターで行われる。

在日本朝鮮人蹴球協会の主催のもと行われるコマチュック大会は、2010年の32回大会から8人制が全面的に導入され、本選部門(6、5年主体)と育成部門(5、4年主体)でそれぞれ競技が行われている。

今大会には、本選部門に34チーム、育成部門に27チームが出場する。本選部門の優勝チームは祖国を訪問し、祖国の同年代の選手たちと試合ができる「特典」がつく。また、大会優秀選手をはじめ優れた選手たちは9月中旬に群馬県で行われる国際サッカー大会に、在日本朝鮮人初級学校選抜チームとして参加する。

在日本朝鮮人蹴球協会の技術部によると、今大会で注目されるチームは、3連覇をねらう東京朝鮮第1初中級学校だ。それを阻むのは関東予選でPKの末、東京第1初中を破った西東京朝鮮第1初中級学校をはじめ、城北朝鮮初級学校、西神戸朝鮮初級学校など各地域予選を1位で突破した有力チームだ。また、関東予選を2位で通過した埼玉朝鮮初中級学校や、京都予選で、前回「コマチュック大会」の準優勝の京都朝鮮初級学校を下した、京都朝鮮第2初級学校・滋賀朝鮮初級学校合同チームにも注目。学校同士が遠く、全員で練習する機会が多くないなか、時間を惜しんで練習してきた合同チームの活躍も期待される。

今大会は、在日本朝鮮人大阪府蹴球協会が主管し、在日本朝鮮人体育連合会、在日本朝鮮青年同盟中央本部、在日本朝鮮青年商工会、在日本朝鮮人中央教育会、総聯大阪府本部の後援のもと行われる。朝鮮大学校サッカー部、FCコリア(東京)、OKFC(大阪朝鮮蹴球団)も競技運営に協力する。

  • 日時:2014年8月7〜9日
  • 場所:堺市立ナショナルトレーニングセンター(公式サイト

コンテンツ

医療班からのお願い

熱中症対策をしっかりしましょう。

対策として▼こまめに水分補給する(イオン飲料や経口補水液、麦茶などが好ましい)▼過食や普段食べなれていない物は避ける▼移動中の車内や就寝時の冷房の調整をする▼前日の夜はしっかり睡眠をとる事を心がけましょう。

また、吐き気、めまい、頭痛、下痢や腹痛など、おかしいと思ったら我慢しないで早めに先生に伝え、医務室または医療機関でみてもらいましょう。

塩分(ナトリウム)と糖分を含んだ水分補給は熱中症対策において効率的。日本体育協会では熱中症予防の水分補給として、1リットルあたり小さじ半分の食塩と、大さじ2〜3杯分の糖質を含んだ飲料を推奨しています。

(朝鮮新報)