宋日昊大使が平壌空港で会見、北京会談を評価


朝・日双方が合意履行状況を共有

宋日昊大使が平壌空港で会見、北京会談を評価【平壌発=金淑美】1日、中国・北京で行われた朝・日政府間会談に参加した朝鮮代表団団長である外務省の宋日昊大使が3日に帰国し、平壌空港で本紙の取材を受けた。

宋大使は「双方は5月に朝・日合意を成し遂げて以降の、合意事項を履行するための事業の進行状況を互いに報告、共有した。協議は誠実に行われた」と今回の会談を評価した。

今回の会談で朝鮮側は朝・日政府間合意に沿って「すべての日本人に対する調査」を実施することになる「特別調査委員会」の権限と構成システム、主要メンバー、調査形式と方法を説明した一方、日本側は対朝鮮制裁解除のための実務的手続きに関する手順と進行状況について通報した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ