Facebook

SNSで共有

パリで2度目の「水曜集会」

「日本は謝罪せよ」

「慰安婦」被害者が直接訴え

日本軍「慰安婦」問題解決を求める1132回目の「水曜集会」が6月25日(現地時間)、フランス・パリにあるシャイヨー宮のエッフェル塔広場で行われた。南の連合ニュースが伝えた。

「慰安婦」被害者である吉元玉さん(87)と南朝鮮の挺身隊問題対策協議会(挺対協)、フランスの人権団体のメンバーらがこれに参加した。

パリでの「水曜集会」参加者(連合ニュース)

パリでの「水曜集会」参加者たち。車椅子の女性が吉元玉さん(連合ニュース)

吉さんは「(日本政府が)口を閉じているからといって解決しない」「早く真実を明らかにして謝罪せよ」と訴えた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)