Facebook

SNSで共有

【対談】23期、地域運動の活性化を

“専従、非専従が同じ目線で”、“支部こそが運動の中核”

総聯第23回全体大会(5月24~25日、東京朝鮮文化会館)では、新たな全盛期を切り開くための活動方向と4年間に遂行すべき課題が討議、決定された。代議員として全体大会に参加した李昶林・大阪東成支部宣伝文化部長と金義広・京都伏見支部国際統一部長。非専従として支部の重責を担う2人に、23期にかける思い、抱負を聞いた。(鄭茂憲)

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)