Facebook

SNSで共有

総聯第23回全体大会報告(要旨)/総聯中央議長 許宗萬

今日、私たちは総聯活動家と同胞たちの不屈の闘争によって、4年間の22期活動を輝かせようとした70日間運動で大きな成果を成し遂げ、新たなチュチェ100年代、金正恩第1書記の導く新時代に、総聯第23回全体大会を開いている。

本大会は、金正恩第1書記をチュチェ偉業と在日朝鮮人運動の卓越したリーダーとして高く戴いて開かれた初の全体大会であり、まさにここに総聯第23回全体大会の歴史的位置がある。

23全大会は金正恩第1書記を団結の中心、指導の中心とする忠誠の大会、一心団結の大会であり、金日成主席と金正日総書記の遺訓を徹底的に貫徹し、総聯を新たな高い段階に前進させる継承と革新の大会である。

第1書記は23全大会に宛てた歴史的な祝賀文で、総聯と在日朝鮮人運動の強化発展のための綱領的な指針を与えた。

本大会では第1書記の祝賀文を高く掲げ、在日朝鮮人運動の進路に沿って総聯の新たな全盛期を開く活動方向とこれからの4年間に遂行する主な課題を討議、決定することになる。

23全大会は、金正日総書記の指導に沿って行われてきた在日朝鮮人運動の新たな全盛期を切り開くための活動を、金正恩時代の要求に沿って強化発展させるうえで決定的な契機となる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)