Facebook

SNSで共有

【写真特集】祖国の美しい山河に抱かれて

春爛漫の七星門通り(2009年4月)

春爛漫の七星門通り(2009年4月)

私は朝鮮新報社、朝鮮画報社を通じて約40余年間にわたるカメラマン人生を送った。そのなかでもっとも誇らしい体験は、1986年6月24日の西海閘門竣工式で、金日成主席をわずか1メートルの間近で撮影できたことだ。まるで金縛りにあったように、ガチガチの状態の私。しかし、主席は出迎えの南浦市の幹部たちと時々、笑い声をあげながら話し、周りの人々もみな笑顔で答えている。なんとも言えない和やかな温かい空気が辺りに漂う。その場に居合わせた人たちは主席の大きさに包まれ、本当に幸せそうだった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)