Facebook

SNSで共有

九州中高に編入した大分の兄弟、きっかけは一日体験入学

「待ち望んだウリハッキョでの生活」

5日、九州朝鮮中高級学校の入学式。新入生の中には、真新しいブレザーに身を包み緊張した面持ちの朴遼一くん(中2)と朴拓道くん(中1)の姿があった。大分県在住の3兄弟の長男と次男は今年から中級部に編入、入学した。大分県の生徒が朝鮮学校に入るのは8年ぶりの出来事だ。

男子寄宿生とともに(左手前から朴悠太、朴拓道、朴遼一さん)

男子寄宿生とともに(左手前から朴悠太、朴拓道、朴遼一さん)

兄弟の家から一番近い福岡朝鮮初級学校までは電車で2時間半以上。通学の問題から近所の小学校に通った。

日本学校出身の父、朴一秀さん(44)は青商会のメンバーたちの勧めで、子どもたちを2カ月に1回の土曜児童教室に送った。最初は嫌々通っていた子どもたちだったが、徐々に変化が見え始め、習ったウリマルで本名やあいさつ、単語などを家で自慢げに並べるようになったという。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)