Facebook

SNSで共有

〈歌舞団の舞台裏 7〉東京朝鮮歌舞団(下)

1人でも50人でも、100人でも同じ気持ちで/立った場所が私たちのステージ

「東京の特徴ってなんだろう…一言でいうなら、慌ただしさじゃないかな?」

同歌舞団を取材する前、金赫淳団長(45、功勲俳優)がぽろっと口にした一言だった。歌手5人、舞踊手3人の計8人という、各地の7ヵ所にある朝鮮歌舞団の中で一番大きなグループとなる東京朝鮮歌舞団は、年間約130の舞台にあがる。都内はもちろん、関東圏を中心に北関東地域まで活動の場を広げ、各県を駆け巡っている。人数が多い分、メンバーを二手に分けて行動することもできる。一日に2件の公演依頼がある場合、最初の公演が終わるや否や、団員の数人を先発隊として次の会場に送り、舞台の仕込みをさせている間に、猛スピードで撤収した残りのメンバーが後で合流するという具合に、めまぐるしく一日が回る。多い日は3つの公演が重なる日もある。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)