Facebook

SNSで共有

北南高位級接触、板門店で/北南関係について協議

北南高位級接触が12日、軍事境界線上にある板門店の南側施設「平和の家」で行われた。

朝鮮からは朝鮮労働党統一戦線部の元東淵副部長を団長とする国防委員会のメンバーら、南朝鮮からは青瓦台(大統領府)国家安保室の金奎顕第1次長を首席代表とする代表らが出席した。

北南の代表団はこの日、午前10時から夜12時近くまで協議を重ねた。

朝鮮国防委員会は1月16日、金正恩第1書記の呼びかけに応じ、南朝鮮当局に「重大提案」を送った。「重大提案」は、誹謗中傷行為と軍事的挑発行為の全面中止などを求めている。とくに南朝鮮が米国と行う合同軍事演習を中断するよう求めている。

(朝鮮新報)