Facebook

SNSで共有

〈NHK籾井会長の暴言〉制作現場の萎縮に懸念/池田恵理子

籾井勝人NHK新会長は就任の記者会見で、日本軍「慰安婦」制度について「戦争をしているどこの国にもあった」「日韓条約で解決済み」と発言し、領土問題や国際放送、特定秘密保護法、首相の靖国参拝については政府や首相の見解を伝えることを良しとした。これは放送法で「不偏不党」、真実と自律、表現の自由を保障されると定められたNHKの自己否定であり、その最高責任者の見識と資質において全く不適格であることを示している。会長は直ちに辞任すべきだ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)