Facebook

SNSで共有

〈本の紹介〉「あの壁まで」黄英治著

渾身の人間的怒りと自由への希求を込めて

「負けるもんか! 負けてたまるか!」

わたしは拳を握って、壁を思いっきりたたいた。痛い――。

もう一度打った。びくともしない壁。右手の小指側がすりむけて血がにじんだ。打った場所を見ると、ほんの少しだけ壁の表面がはがれていた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)