Facebook

SNSで共有

東京で集会とデモ、「国連・人権勧告の実現を」

75団体が賛同、「無償化」排除問題も課題に

「国連・人権勧告の実現を!-すべての人に尊厳と人権を」(主催=同実行委員会)と題する集会が25日、東京の代々木公園イベント広場野外ステージで開かれた。「慰安婦」や「高校無償化」、ヘイトスピーチ問題、アイヌ、障がい者、女性への差別などの問題に取り組んでいる団体の代表たちは、日本で深刻な人権侵害、差別が公然とまかり通っていることに言及し、共闘を呼びかけた。集会後に参加者たちは、多くの人出でにぎわう渋谷駅前をデモ行進し、「日本政府は国連・人権勧告を順守せよ」「朝鮮学校だけ『無償化』制度から外すな」などのシュプレヒコールを叫んだ。

渋谷駅前をデモしながら朝鮮学校への「高校無償化」制度適用を訴える集会参加者たち(盧琴順)

渋谷駅前をデモしながら朝鮮学校への「高校無償化」制度適用を訴える集会参加者たち(盧琴順)

近年、日本の人権状況について国連の人権条約機関から相次いで勧告が出されているが、日本政府は、勧告には法的拘束力がなく従う義務がないとの不当な立場を取り続けている。このような状況で、様々な問題に取り組んでいる団体、個人が連携、連帯し、世論を喚起させる目的で実行委員会を立ち上げた。主催者側によると、23日現在、これに賛同する人権団体、市民社会団体は75に及ぶ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)